すべり革補修のお話

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

早くも2回目の登場、縫製担当の稲葉です!

今回は早速、ボクが担当している修理の一つであります、「すべり革補修」のお話をしたいと思います。

そもそもすべり革ってなんぞやって話ですよね笑

実は稲葉も熊田靴店で働かせていただくまで、全く知らない言葉でした。ここ2ヶ月くらいで覚えた新しい単語です。(ちなみに僕は靴の知識ゼロで求人に応募しています笑)

すべり革って、履き口の内側カカトら辺の革のことです。

お靴のサイズや足の形が合っていないと,何回も着脱するうちにカカトと革が擦れて、破けてしまうんです! 

こんな風に

【BEFORE】


この状態を修理すると....

【AFTER】


このような仕上がりに。

お仕事や冠婚葬祭でお履きになる靴、意外と脱ぐ場面って多いのではないでしょうか。

そんな時、見えなそうで実は結構目に入る、履き口にダメージがあるとちょっと気にしちゃいませんか?

もちろん、履き心地も良くはないと思います。

(ここだけの話、稲葉はビジネスシューズやドレスシューズを持ってないです、すみません笑、ただ、スニーカーも直せます!また今度、お話しますね!)

このような状態になってしまった、履き口の内側カカト部分に新しい革を縫製と接着剤を用いて貼り直す、という修理を「すべり革補修」と呼んでいます。



頻度高めにお履きになるお靴、一度履き口をチェックしてあげてください!

アメリカ仕込みのビッグマウス稲葉はどんな状態でも直します!

ぜひ熊田靴店にご相談を〜!

それでは今回はこの辺で。

Have a good day with your favorite shoes!👠

最新記事

すべて表示