top of page

教えて!くまちゃん!第5回

お久しぶりです!

熊田靴店事務の高谷です(*^^*)


厳しい夏の暑さも一気になくなって最近はちょっと肌寒いくらいですね。

外を歩くには気持ちがいい!!

ちなみにこれは、この前初めて新宿御苑の中を散歩した時の写真です(^^♪





私は元々ぶらぶらとお散歩するのが好きなのですが、近頃は某スマホゲームにハマっていまして、歩数稼ぎやレベリングのために近所を散歩というか、徘徊しおります(笑)



〈質問コーナー〉

さて、今回はお店でお預かりする革靴についてですが、

時々雨でまだら模様になってしまっているものを見かけます。


①雨の日でも革靴を履かないとならない場面がある方も多いと思うのですが、革靴を守る方法はあるのでしょうか。

濡れてしまった時に帰ってからするべき対処法とかあったら教えてほしいなぁと思います。

教えてくまちゃん~


熊:雨の日こそ履いてほしいお靴があるんです!

スエードのお靴なのですが、しっかり防水スプレーをしてあげると、バッチリ水を弾きますよ!

じゃあ他の靴は?スニーカーでもバッチリ防水スプレーをしてあげるといいです!

表革(スムース)のお靴は、防水スプレーをすると、白くなることがあるので、その際は、乾燥してから、乾拭きしてあげてくださいね。



万が一、濡れてしまった場合は、、、万が一ではないですね、結構濡れてしまうこと多いですよね…

その際は、全体を濡れた布でしっかり濡らしてあげてください。

濡らしても大丈夫?

大丈夫なんです!シミなる原因は、濡れたところと濡れていないところで、乾燥スピードが違うからなんです。

詳しくはまたお話ししますね!


とにかく、濡れてしまったら、しっかり全体を濡らしてあげること。

これが鉄則です!

あとは、陰干しで、しっかり乾かして、全体が乾いたら、ケアをしてあげてくださいね!


はいっ!これ防水スプレー!

細かい粒子で、しっかり靴全体を守ってくれますよ!






②革靴は履いていくうちに足になじんでくるとよく聞きますが、

革はだんだん伸びていくものなんですか、反対に縮む事もあるんですか。

熊:縮む…ですね…、結論から言うと、あまり縮むことはないですね。

ただ、冬など寒い環境になると、革が硬くなることはあります。

栄養不足で、久々に履いた靴が硬い、足が靴と擦れて痛いなどの症状が出ることもあります。


とにかく皮には栄養が必要です。

柔らかく履き続けるためにも、ケアをしっかりしてあげてくださいね!


ありがとうございました!


次回もお楽しみに!


以上くまちゃんでした🐻




最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page